池袋の茶の時間のスイーツ

池袋に住む我が家には3人の年の離れた子供たちがいます。

高校生の長女、中学生の長男、幼稚園児の次女です。

長女はのんびりやさん、長男は食べ盛り、次女は生存競争が激しい我が家でおやつの争奪戦には必死です。

この3人とお茶するのは至難の技です。

まず量はたくさんいります。

市販のお菓子では高額になってしまいます。

だから作ります。

クッキーは常備品です。

次女が好きなのは抹茶味。

長男は断然ココアにアーモンド入り。

長女は何でもいいようですが、ドライフルーツ入りが気に入っているようです。

なので我が家では常に最低3種類のクッキーが常備品としてストックされています。
生地はいつでも焼けるように作って冷凍しておきます。

これに加え、フローランタンやシフォンケーキ、スイートポテトなどをよく作ります。

これらも冷凍保存できるので、いつも作って保存しておきたいと思うのですが、冷凍保存するほどのこりません。

家で作っているので体に悪いものは含まれていないと思いますが、ちょっと食べすぎじゃないかと最近不安になっています。

でも、おいしいおいしいと3人でわいわい紅茶を飲みながら食べている姿を見ると、明日もがんばろうと思います。
そうそう、池袋の駅前に美味しいお茶の飲めるカフェができていたんです。デリヘルが立ち並ぶ風俗街の中にあって、精力剤の販売店があるお店の1階です。そのカフェは池袋の雑踏からかけ離れてゆっくりと時間が過ごせそうな程静かで優雅なカフェでした。
なんでこんな場所にと思う程素敵なお店を発見したので、子供たちも今度連れて来たいと思いました。